WiMAXを選ぶ時に比較すべきポイント

初めてWiMAXを契約しようとしている方でどこのWiMAXがいいのか?
そのチェックすべきポイントをお伝えします。

まずWiMAXの通信回線はau系のUQコミュニケーションズという会社が提供していますので、
GMOやSo-net、ブロードワイマックスなど、どのプロバイダーを選んだとしても回線の重さなどの条件は同じです。

となると各プロバイダーでどういう違いがあるかというと、それは主に料金面の違いになります。
契約内容はほぼ同じで契約年数は2年で契約満了月の前月中に解約すれば違約金は発生しませんが、その期間を逃すと自動更新となって解約時には違約金が発生します。

ちなみにWiMAXとよく比較されるソフトバンク系のポケットWi-FiのY!mobileは契約年数が3年なのでちょっと長く感じます。

WiMAXプロバイダーたちの料金的な比較ポイント
【初回契約時のキャッシュバック金額】
【月額利用料】

キャッシュバック金額は額面で単純に比較できますが、受け取りを忘れてしまう落とし穴が潜んでいますので、注意が必要です。

WiMAXに限らずインターネットプロバイダーのキャッシュバックキャンペーンはキャッシュバックの申請忘れを期待している面があります。
言い方が悪いですが、高額なキャッシュバックで気を引いて、手続き忘れを誘発して結局高い月額費用を払わせるシナリオが描かれているのです。

キャッシュバックの申請手続きはほぼパターンになっていて、契約から10ヶ月から1年後の時期にプロバイダー専用のメールアドレスにキャッシュバック手続きの案内が届き、1ヶ月以内に申請をしなければいけないというパターンです。

プロバイダー専用メールなんてその存在すら知らない人が大勢ですから大抵の人はお知らせに気が付かないで申請期限が過ぎてしまうことになります。
ですので、確実にキャッシュバックを受け取るためには、プロバイダー専用メールを見る方法やページをお気に入りなどに入れておきましょう。そして案内が来る時期をカレンダーやリマインダーで管理しておきましょう。

キャッシュバックを受け取り損ねる危険があることが世間的にも知れ渡ってきたせいか、最近は【月額利用料】が安いプランが登場してきました。
月額利用料が安いプロバイダーのアピールポイントで気をつけなければいけないのが、激安な利用料は初回だけとか3回目までというような料金設定にしているケースです。
一般的に初回費用を2千円台の激安料金にしてその金額を強烈アピールしていくパターンが多いのでそういうプロバイダーは3回目以降の料金もチェックしてください。

1番の理想は、2年間の支払い総額で比べることです。
これは高額キャッシュバックプランでも同じことが言えます。

各プロバイダーの2年間の利用料を計算するのは面倒ですが、そんな時はWiMAXの料金比較サイトを参考にしてみるのもありです。
WiMAX 2年間の料金総額で比較

比べると分かりますが、高額キャッシュバックプランも月額利用料が安いプランもどちらも最安WiMAXはGMOとくとくBBなんです。
ですから安さで選ぶならGMOのWiMAXが優勢ですね。
その次がSo-netで、月額利用料が安いのはBroad WiMAX、キャッシュバック金額は安めだけど受け取り易いのはBIGLOBEです。

あと、参考までに3年目以降の月額利用料もチェックしておいた方がいいです。
3年目以降は割引なしの通常料金になるプロバイダーがほとんどですから・・・

WiMAXの渡り歩き方としては2年毎に別のプロバイダーを渡り歩いて、キャッシュバックキャンペーンや初回割引き特典を有効に活用するのがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です